私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー

2006年 04月 20日 ( 1 )

アーティストの顔

4/11(火)の日記。

朝から晩までの作業。
授業じゃないから、とにかく進められるときに進めて、進めないとき(乾き待ちとか、固まり待ちとか)に休憩といった状況。立体は今まであまり作品として作ったことがないから全てが新しい。
毎日制作の繰り返しだけど、いろんなこと教えてくれるし、本当に楽しい。勉強にもなる。
パリに来て、こんなに毎日わくわくして過ごしてるのは初めてかも。っていうくらい♪
その分疲れはたまるけど(苦笑)


今日の昼過ぎ、ボスのJと色んな話していたら、私が一人で考えの世界に入っていっちゃって暗くなってたらしく、「なんか元気ない?」と疲れを心配してくれて「気分転換にお散歩しに行こうか!」と、お散歩しに連れ出してくれました。
パリじゃない郊外方面に歩いて、すごく面白い場面にであったり、綺麗なものを観たり、桜に出会って束の間のお花見したり、良い気分転換になりました。
やはり、外を歩くというのはいいことですね、頭の中がすっきりします。
でも私、ひきこもりなんで、考え出すととまらず、ずーっと自分の世界に入っていってしまい、外に気分転換に出ようという考えなんて出てこなくなっちゃうんです。
今回は連れ出してくれた方がいたので、いい感じに気持ちがスッキリ☆




そしてその散歩中、主に映像作品を作っているJは、ある場面、風景で、何かアイデアが浮かんだらしく、突然手でフレーミングし始めた。

やっぱり自分がぐっとくるものにであったら表情が変わるんだ。
そう思う。
普段とまたがらっと違う顔になる。
スポーツ選手とかもそう。
なんか、別人のようになる。
自分の世界に入っていくかんじ。
しかも、一瞬のうちに。
Jもいきなりすっごい真剣な顔になって、
声かけられなかった。
でも、とても引きつけられる、魅せられる表情だった。

普段通りに戻った後、そんな話をしたら「え?そう?別にいつも通りだよ?」と言っていた。
うん、こういう表情は自分では見ないし、感じないし、気づかないのだろう。
私はこういう真剣な表情したことあるかな。。。
表情じゃなくてもいい、ちょっとしたことでも、人に魅せられる物があるだろうか。。。
こんな表情は狙ってできるわけじゃないし、自分のどこかに自分の世界をもっている人に与えられた特権かも知れない。
[PR]
by rena-7007 | 2006-04-20 22:00