私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー

<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

帰国

rena「9月初め」に日本に本帰国することになりました。
これはちょっと前にもうこのblogでも発表しましたね☆
渡仏して3年ちょっと、色んな転換期を迎えながら色んなことがあったけど、まぁそれも全ていい経験になったと、今なら思えます。

なーんて、まだ浸る余裕はないんですがね。
今は持って帰れないものをmixiで帰国売りしています。
連絡なんて来るのか?なんて思ってたけど、すごいねmixi.
あまりの反応の多さに、メール捌くだけで一日が終わりそうな感じですよ。。。

私の住んでる部屋は次の人を探す必要はないんだけど、自分の都合で探すことになりました。
問い合わせ来るかなー?と午後にmixiにアップし、夜、家に帰ってmixi見たらこれがまたメールの嵐。
反応があるのはとても感謝なことだけど、もう頭の中がぐちゃぐちゃになっちゃってます。

誰か、帰国売りアシスタント雇いたいくらい。


しかもね、飛行機のチケット取れてないの(TωT)ウルウル
帰りたいチケットがもうなくて、キャンセル待ち入れてもらってるけど、私、帰れるのか?!
これで取れなかったら9月から私、家なき子。ふふw

後に入る人決めて、不動産屋さんと連絡とって契約の話して。
日本の配送屋(引越し)さんいくつか問い合わせてちゃんと決めて。
EDF(東京電力みたいなもん)に行って契約ストップの話して。
電話会社にも行って同上。
インターネット会社に問い合わせて同上。

ってかさ、ネット切るのって日本って電話一本じゃなかった?!
こっちさー、わざわざ契約を切る旨の手紙を書いて、期日書いて、モデムを会社まで送るんだよ。めんどくさーーーーー−!!!
さっすが書類大国。書類。書類。。書類。。。
1に書類、2に書類、3・4がなくて、5に書類。

めんどくさいきわまれりだよまったくもう(≧ヘ≦) ぷんぷん。

そして何にもましてめんどくさい銀行。
私が帰っても引き落とし残ってるだろうしなぁ。相談しないと。


これを乗り越えて帰国した皆様。そんけー。
んにしてもmixiがあってよかった。
これでかなり「モノ」はさばけてます。

持って帰りたいものたくさんあるのに、日本へは高いので大きいものは全部持って帰れません。
アンティークの机も、イスも、ずーっと一緒に暮らして、つらい宿題するのもいつもこの机で、本当は持って帰りたかった。。。
パリ、遠いよ。。。
ってか、海外引越しの配送料高すぎだよ(怒)

まぁ自分にとってのフランスで得た本当の財産は物じゃなかったと言い聞かせます。
あ、でもピグレットのぬいぐるみは何が何でも持ち帰るよん♪
こっちの水で洗われてかなりみすぼらしくなっちゃったけど。
高温の水で洗っちゃって首座ってないし腕もフラフラだけど。


さて、明日も一日がんばるぞ。
あ、日本の皆さん、日本に帰ったら遊んでね!
あ、パリの皆さん、パリにいる間に遊ぼうね!



☆今日は少しだけ私のお部屋をご紹介(ノ∀`*)ペチッ☆

うちのサロン
f0105434_718550.jpg




最近掃除してないキッチン。
f0105434_7182995.jpg




明後日ドナドナされていく机とイス。
f0105434_7185651.jpg

[PR]
by rena-7007 | 2007-06-29 22:00 | 事件、出来事(l'événement)
ってとこで行ってきましたセール。
ただ、体調が悪い上、人ごみにまみれぐったり。
結局2点のみ購入。


冬にDiorのサイコロのピアスをなくしたΣ(´Д`lll)
引っ掛ける部分が大きいピアスだったのに、どうやったらあれをなくせるんだろう。
気付いたらなかったの。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
何度探してみるも、どう考えても歩いてる途中になくしてるからどうしようもなく。
号泣ものだったのでピアスを購入。

そろそろ子供っぽいピアスは卒業しようと、こんなピアスを選んでみた↓
f0105434_765476.jpg
といってもこれも大人っぽくはないが。≧(´▽`)≦アハハハ
ベージュホワイト×ブラウンの夏ワンピースとのコーディネートできるかな( ´艸`)ムフフ
他のお洋服ともうまく合わせよう☆
今度はなくさないようにしないと(〃´・ω・`)ゞエヘ♪




もう一点は白のチュニックワンピース。
f0105434_775384.jpg
シャリ感のある綿素材。
あぁ綺麗な海のあるところにバカンスに行きたいよー。



そうそう、vanessa brunoで友人のYに会った。
すごい偶然。
私の大好きなvanessa brunoでも、絶対欲しい!と言うような商品には出会えず。
値段も値段だし、今回は見合わせ。
近いうちにサンジェルマンデプレの本店(?)に行ってみようと企み中です。
ふふっ( ̄ー ̄)♪


昨日は体が悲鳴を上げてて、若干「今日来なきゃよかった…」と思ってしまう程、意識朦朧・体がフラフラだった。
夜用事があって出かけて帰ってきたらもうムリがまん顔と倒れ込んでしまいました。

が!今日はゆっくり眠りことが出来て、元気いっぱい!!!
今日は穏やかに過ごすことにします。
日本でももうセールが始まるようで。
女の子には嬉しい季節だね☆梅雨に負けずお買い物してね(笑)


☆renaの格安航空チケット情報☆
Vuelingのスペシャルオファー!!!
3周年を記念して、50000席が無料というキャンペーンです。
なんとairfare, admin fees and taxesも無料!!!!!
往復航空券のみという制約があります。(片道はだめ)
出発地・目的地の制約はなしです!
バカンスのためにパリからのチケットを探してる人は要チェック!
あ、早い者勝ちなのでお早めに!
Vueling.com(2007年6/28現在)

あー、日本にもこういった格安航空会社ができればいいのに。
なんで日本の交通機関はチケットがこう高いんだろう。。。
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-28 22:00 | ショッピング(le shopping)

帰国売り情報

あ。わたくしrena、9月、日本へ本帰国します!

って…今かるぅ〜く宣言しちゃいましたが、ここで公表したことありましたっけ?

知ってるよ。。。
という反応か。

えぇぇぇぇええええ!!!
という反応か。



まぁそんなニュースは単なる導入でしかなく宣伝したいだけです。
きたる9月の帰国に向けて、rena、全力で頑張っているところです!!!
そしてうちには小説を中心に本が大量にあるんです。
mixiでさばいてるのですが、blogでも載せてみようかな?と思っている次第です。

ここにガンガン載せていきます。
これほしい。という本がございましたら非公開コメントで欲しい本と連絡先をお知らせください。折り返しご連絡さし上げます。
あ。もちろん日本からの注文は受け付けません。ごめんなさいね。

!!注意事項!!
問い合わせの中でのトラブルを避けるためにいくつか注意事項を書いておこうと思います。

●注文は先着順でお受けし、先着順でお譲りしたします。
●注文が来た時点で『仮予約』とさせていただき、本はその方のために『本を確保(注文ストップ)』させていただきます。
注文の確認メールで双方の確認が取れましたら確定と致します。
●どんな本でしょうか?という問い合わせは『本の確保は致しません』ので、欲しい!と思った方は早めにご連絡ください。
●問い合わせ中に欲しいという方からの連絡があった場合『注文を優先』させていただきます。ご了承ください。
●本の確保に入った時点でこちらで「販売済み」とさせていただき、キャンセルになったもののみまたご注文を受け付けさせていただきます。
ここに在庫状況をアップする前にご要望の本が「販売済み(本の確保)」になってしまい、その間にメール問い合わせが来てしまうこともあるかと思いますが、その場合には注文をお断りすることがありがすがご了承ください。

よろしくお願い致します。

本のリストはこちらからどうぞ。
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-27 06:48

ベルバラ

【パリ25日時事】
3年にわたる修復作業を終え、17世紀の輝きを取り戻したパリ郊外のベルサイユ宮殿「鏡の間」の落成式が25日、行われた。27日から一般公開される。

鏡の間は、宮殿の広大な庭を臨む長さ73メートルの回廊の17カ所に鏡を配した華やかな装飾で知られる。フランス絶対王朝時代の太陽王ルイ14世の命によりつくられ、1684年完成した。老朽化したため、2004年から1200万ユーロ(約20億円)をかけて修復されていた。 



おぉ!
ようやく工事終わったのだねぇ。3年もかかったのね。
日本の業者に頼めば働き詰めで1年で終わらしたんじゃない?


な〜んて思ってしまうのは私だけ?


私も大学生の時にフランス旅行に来て観に行ったなぁ。
でも、フランスに来てからは行ってない。
3年でしょ?私が来仏して3年ちょっと。
ってことは来てすぐに工事入ったのかしら?
ずっと工事してたのは知ってたけど。

旅行で来たときはヴェルサイユ見学ツアーに参加して行ったから自分の好き放題は回れなかった。
でも、鑑の間は確かにそれはもう素晴らしかった。
パパが見たら大喜びしそうだな。豪華絢爛大好きだから(笑)

フランスにいるうちにもう一度じっくりのんびり散策しにいきたい。
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-26 22:00 | パリ(paris)

うーうー。

体調が悪い。
熱も出てないし喉も痛くないし、頭も痛くないんだけど。

朝までずっと眠れなかったり(これ ほんと きつい)、
頭がぼーっとして脳が働かなかったり、
食欲がなかったり、体がだるかったり。

帰国にあたって「今」することがたくさんあって、うまく細かい状況把握ができてないような気がする。
体はひとつ。しかないの。ふぅ。

まぁひとつずつ ね。
ゆっくり と。
うん。


んだけども。
明日から始まっちゃうのよ。
年二回のセール!ソルドが!!!

最近「もう行かなくてもいっか」なんて思ってたけど、最後のパリのソルドだし、やっぱ行く!お買い物する!!

だって、女の子だもん(*ノωノ)
今日はちゃんと寝付けるといいな。
朝、起きられるかなぁ↓
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-26 22:00 | 事件、出来事(l'événement)

fête de la musique

はい。昨日は夏至。
fête de la musique=音楽祭でした。パリ中が音楽で溢れる一日。
この日は誰でも自由にパリ中で演奏が出来るのです。
10歩、道を歩けばどこかのバンドとかにあたる。って感じ。

今年はアコーディオニストのTakaさんがリュクサンブール公園近くのレストラン"Le mauzac"で演奏をするというのでディナー&演奏を聴きに行ってきました。
私たちは8時半頃から食事開始。
演奏は9時から開始ということでしたが、そこはさすがフランス。
9時半から始まりました(笑)
だって、9時の時点で私たちの後ろの席に座ってご飯食べてるんですもの(笑)




f0105434_684093.jpg
♪演奏の様子♪




f0105434_685873.jpg
私が頼んだメイン。
〜ヒメジの包み焼きバルサミコソース温野菜添え〜




今回のメンバーはな〜みんとjura&旦那様のセバの4人。
テラス席でおいしいご飯に心地よいjazz演奏。はぁ至福(*´ω人)

そこで事件!
食事中。セバのズボンに




『ぼとっ!!!!!』




ひぃーーーーーーーー!!!!!!Σ(´Д`lll)




そう、鳥の糞落下!んきゃぁ?!?!?!
しかも2回も!!!!!!!
笑っちゃいけないけど女3人大爆笑。うくくくくっ。
セバは泣きそうになってましたよ。あぁかわいそうに(苦笑)

jura&セバはお家がちょっと遠いので早めに帰宅。
私とな〜みんは演奏の後、更にカフェに移動し、カフェ前でやって
いたロック演奏を楽しみながらお茶して帰りました。



f0105434_6111240.jpg
レストランからカフェの移動中。これで夜10時過ぎ!



fête de la musiqueを楽しめるのも今年で最後かと思うと、なんだかちょっと寂しいような気分になりました。



そういや、一昨年。
夜12時までパリ中を歩き回り、メトロが混み過ぎで駅にも入れない状態だったので、目当てのクラブまで徒歩で行き(この時点で鬼)
朝の4時まではっちゃけまくり、家に帰ったら友達の家に鍵を忘れたことを思い出し、死にそうになったことがあった。
電車始発まで待ち友達の家に行ったものの、携帯もその子の家に置きっぱなしでドアのコード分からず入れず↓
よーやく中から出てきた人に入れてもらったものの彼女が爆睡中でドアを叩いても起きない凹
ようやくシャワーの音がしたのでその音が止んだとたん「壊れるか!( ̄ω ̄;)」ってくらいにノック!!!!!!!!!!!

すんごいビックリした顏で迎え入れてくれた。。。ほぅ。
荷物をもらって。
はい、そのまま一睡もせずに学校行きましたよ。9時から授業。
よく考えれば休みゃーいいのにね。

だって前日先生が「今日音楽祭だけど明日皆がんばってきてね」ってゆってて、皆でよし、頑張ってこよう。って言ってたから。。。

でもね、やっぱり半分くらいきてなかったよ(´・ω・`)ショボボーン
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-21 22:00 | パリ(paris)

ふたりはともだち

今日、お〜ちゃんのお家でお茶会。
日本に戻っていた仏友のjuraが結婚して、旦那様の母国フランスに戻ってきたのでな〜みんと共に4人で嬉しい再会です☆
お〜ちゃんの子供けんちゃんもおっきくなってて感動(TωT)ノシ
子供の成長って本当に早い。

「結婚おめでとうjura☆★☆★」
波瀾万丈紆余曲折終わりよければ全て良し(笑)
いえ、これが始まり☆幸せな家庭を築いて下さい☆




さて、今日我が家に「ふたりはともだち」という絵本が届きました。

皆さん小学校の国語の教科書を覚えていますか???
mixiでは私の小学校の同期コミュがあるのですが、それは遡ること約2週間前、そのコミュでそんな話が出まして、私が思い出せるものをそこで挙げてみたんです。
・くじらぐも
・スイミー
・夕日がせなかをおしてくる
・さかさのさかさはさかさ
・手ぶくろを買いに
・ちいちゃんのかげおくり
・ごんぎつね
・大造じいさんとガン
・スーホの白い馬

知ってる、覚えている物語はありますか???


そして、この以下の写真↓↓↓をコミュにアップし

f0105434_5521344.jpg

「この写真の絵もすごく印象にあるけど、これが教科書に載ってたのかは不明…
やったような気がしたんだけど、絵本で読んだんだっなぁ?この絵本欲しいなぁ。」


と書いたわけですよ。
そうしたら約2週間後の今日、なんと我が家にこの絵本が!?!?

まぁサプライズプレゼントのはずだったらしいこの絵本、色々あり、うちに届く前にこの絵本が届くことはわかっちゃったんですけどΣ(´Д`lll)

でも素直にとってもとっても嬉しかったです(≧▽≦*)ノシ


そして開いてみるとやっぱり教科書に載っている作品でした。
この絵本は5つのお話が収められているのですがその中の「おてがみ」という作品がそれでした。

挿絵もとてもいいし、フォントもいいし、言葉のリズムがいい。
そしてがまくんとかえるくんのありのままが描かれているのがいい。
物語を読んでいるというより、ふたりの生活をそっと覗いてるような、そんな、感じ。
言動がとても自然で、ほんとうにこの2人はこういう感じなんだろうな。
でも、いいなぁ、こんな「しんゆう」。

この絵本、「これは良い絵本ですよ!」的な半ば強制的な良い絵本じゃなくて、友達の優しいところ、意地悪なところ、みーんな描かれていて、自分がそれをきちんと考えて解釈できるところがいいです。
絵本は、そうあるべきなんだろうな。
押し付けがましい絵本はたくさんありますからね。

かなりユーモラスで子供の頃のいたずらを思い出します。
思わずわず「ぷっ」って吹き出しちゃうシーンも満載。
いいなぁ絵本。



あ「ぼくはおこった」って絵本知ってます?

↓↓↓この絵本なんですが。↓↓↓
f0105434_5545185.jpg


すごいですよこの絵本。
ママにTVを消して寝なさいと注意されて主人公のアーサーが怒る話なんですけどね。







怒りまくり!!!
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ガーガーッ!!
破壊しまくり!!!!!
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆バキバキーッ!!








なんてったって地球破壊しちゃうんだから。怒って(笑)
それだけの絵本。でも、この絵本も好きですよ私。

あるレビュアーのこの絵本に対する一言。
「子供ナメんなーーー!!!」という熱い気持ちを思い出させてくれる作品です。
つまりロックンロールと同等です、これは。



はい、その通りです。

[PR]
by rena-7007 | 2007-06-20 22:00 | アート(l'art)

あ。あ。あ↓

色々なことが重なって凹み気味です。
5日間程、日本語をちゃんと話していないのもあるのかもしれない。
文字はこうして打ったりするけど「話し」たい。

毎日×2仏語ばかりだと気が滅入るんだよ。
フランス人には分かってもらえない話だってあるんだよ。
仏語は嫌いじゃないけど、日本語を話したいと、思う。



母国語は私自身の言葉で表現できるから。



今日、気分転換に裏の公園にお散歩に出かけたのだけど、結局顔見知りのフランス人と出会ってしまいこれまたフランス語を話し、あまり癒されず。
もうやだ〜。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
どーせ出会うんだったらおーちゃんとかに出会いたかった。
そのフランス人は常に仏語だけ話し続けることが時にストレスになることを全く分かっていない。

仏語を話すのに苦はない。
逆に外国からパリに戻ってきたら仏語が通じることにホッとする。
でも、私は仏語で育っていない。
こっちにきて3年間で培ってきた仏語で話し続けることは多少なりとも体力を要することだ。
例えば学校で一日仏語で講義を聞いた日や、ストレスの溜まっている時等、仏語を話したくない日もあるということをわかってない。


今日は日本語でお喋りしたけど、あんまり元気いっぱいでお話してあげることが出来なかった。
元気でない時でも元気だよ♪と言ってあげられることは得意分野だったはずなのに、ここ数年、一部を除いてそんな気力がない。
うまく自分の感情をコントロールできていないらしい。

自分の気持ちを正直に話すのは難しい。特に何かを要求するとき。
たぶん私は相手に気持ちを察してもらうことを期待している。
これはフランス人には通用しない感情。
何かしてほしいことがあるならどんどん要求してくる。
そしてそれがダメなら即、諦める。要求する事に躊躇なんてしない。
そんなところ、少しならフランス人化してもよかったな。

でも私はいつも考えすぎて、迷うことでストレスを溜めてしまう。
いくら期待しても分かってもらえないことを知っていても。
でも、伝える前にいっぱい考えてしまい、いつも伝えるタイミングを逸する。そして、分かってもらえないことにイラついてしまう。
相手にストレスで迷惑をかけるくらいなら、溜める前に自分の意見を吐き出してしまえばいいのに、私にはそれができない。


とくにその相手が何かしらの問題を抱えていたらなおさら。
誰しもストレスの溜まる世界に生きて、みんな様々なストレスや悩みや疲れを抱えている。
私自身が相手にとってストレスになってはいけない。

「話さなくちゃ分からないでしょ」昔から色んな人に言われ続けてきた。
でも、そういわれて何かを言っても「でもそれは」「とはいっても」と言い返され、結局は相手が意見を聞きたいのではなく、自分の意見の正しさを伝えたいだけなんだと思ってきた。
それならわざわざ傷つく必要もない。
聞くだけ聞いて、心にシャッターを下ろせば平気。
それは傷つかないための自己防衛。
それは大人になっても変わることはなかった。
相手が誰でも、大人になっても、結局同じ。
「生意気言うな」「だから君は…」「ふざけるな」そう、言われるだけ。
自分の感情、気持ちを自分がわかっていれば、口を閉じていれば、あまり傷つくこともない。
相手は言い負かすことによって、自分を守る。
これも自己防衛。


自分の気持ちを素直にお話しできる人って魅力的だと思う。
それって、大人になるにつれて色んな感情を知って、なかなか出来ないこと。
自分が辛い思いしたくないから、相手を傷つけたくないから、色んな方法で言葉で気持ちをがんじがらめにしたり、嘘ついたり。
そうやって、自分の気持ちさえもわからなくなる。
子供のように残酷ではないけど、苦しい大人の事情。


まぁ結局、ストレスなんて、自分で解決するしか方法がない。
もう少し、日本語を勉強しなくちゃと思う今日この頃。

明日は月曜日☆
気合い入れて頑張りますか(´・ω・`)
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-18 22:00 | パリ(paris)

終わり。

スイスから戻って参りました。
帰りの電車が30分も遅れ、帰宅が夜中となってしまったけど、一部返金もあるし、まぁよしとしよう。。。でも書類書くの面倒↓


さて、学校が終わって、いける所には臆せず足を運ぼうと各国を回ってきたアートフェア視察旅行も今回で終了。
世界一ともいわれるアートバーゼル。
世界各国から大勢が足を運ぶためにホテルが全然とれず、アートバーゼル開催前日にバーゼル入りして一泊二日という強突破の旅でした。

でもとってもよかったです。
うまく連絡が取れず会えないと思っていたseung-eunからは、行きの電車で電話連絡が入り、数ヶ月ぶりに再会も果たせたし(≧ω≦)b



全てのフェアの予定を終了して、なんだか帰りの電車はちょっとしんみりしてしまいました。
今までの全ての行程を心から感謝したいと思います。
いっぱいトラブルもあって凹んだり、いやんなっちゃったり、泣いたりしたこともあったけど、それ以上に楽しかったし、全てのことが勉強になったし、毎回期待して、いっぱい感動して、いっぱい混乱して、貴重な経験をすることが出来、視野を広げることができました。



3年間協力を惜しまず全面バックアップしてくれた両親。
常に支えになりどんな時も励まし続けてくれた彼氏。
私のことを気にかけて支えてくれた友人達に心から精一杯の感謝。



フェア視察なぞ、個人的に行っているので卒業なんてありません。
でもバーセルが終わって学校を卒業したかのような気分です。
・ロンドン   (イギリス)
・パリ     (フランス)
・ケルン    (ドイツ)
・トリノ    (イタリア)
・マドリッド  (スペイン)
・ブリュッセル (ベルギー)
・アムステルダム(オランダ)
・バルセロナ  (スペイン)
・バーゼル   (スイス)

約7ヶ月間かけて回ってきたフェア達。よくまわったなぁ。。。
こうしてリストアップしてみると感慨もひとしお。


一人旅は寂しいこともあったけど、これも貴重な体験でした。
私はフランスに来て怖いもの知らずに拍車がかかったようです。
小心者は相変わらずだけど。( ̄ω ̄;)ビクビク


帰ってきてちょっと放心状態のrenaです

[PR]
by rena-7007 | 2007-06-14 22:00
バーゼル二日目。
朝起きてすぐに出発準備して後、駅へ向かいます!!!!

なぜって???

そう、以前blogに書いた一緒に行くかもしれなかった友達、実は昨日のパリからバーゼルへ向かう電車の中で電話がかかってきて「明日(13日)着のチケット取れた!会おう!」と(笑)

朝8時半くらいだったかな?着の電車だったので、早々に私もホテルのチェックアウトを済ませてその時間に駅へお迎え!
大きい駅なのに「じゃ、駅で!」なんて、あり得ないくらいの約束を交わしたにもかかわらず、いい具合に再会できました☆
エレベータの上と下で「きゃ〜!seung-eun!!!」「きゃ〜!rena〜!!!」とはしゃぎながら感動の再会をはたした後、こんな早朝じゃまだフェアもやってないということで、駅前のカフェに入ってお茶(笑)さすが女の子( ̄∀ ̄*)イヒッ

久しぶりの再会という事もあり、彼女がフランス語を自由に扱えるようになった事もあり、私たちのやりたい事が似ていることもあり、もう喋るわ×2。。。
きっと大阪のおばちゃんもびっくりよ( ̄ω ̄;)!!




そして行って参りました世界でアートフェアのトップとも言われるアートバーゼル!!!!!
f0105434_4404714.jpg
どどーん!
ポール・マッカーシーの彫刻作品です。
どんだけでかいんだよ!ってくらい大きい。
(周りに写っているひと参照)



中は撮影禁止。まぁ撮ってる人もたまにいましたが^^;
大きい荷物は持ち込めず預ける事になります。
カメラ持ってると預けてこいと注意されますよ(笑)

大きな作品を集めたフロアそして、そこから隣の別館(?)へ移動できます。
そちらは通常のように色々なギャラリーが集まっているスタイル。




ひろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい・・・
f0105434_4543727.jpg
覚悟はしていましたが。。。
この建物くるっと一周3フロア分が会場です。
中心部はお庭に☆軽食も食べられます。




この一年、色々なフェアを回ってきましたが、常に一人で回ってきました。
自分の好きなように回り、好きなように見て、好きなだけ立ち止まり、通り過ぎました。
たくさんのメモを取りながら、名前や作品をチェックしながら。

今回は2人。同じようにはいきません。
この一年でフェアの回るときのスタイルが身に付いている私ですが、彼女はまだあまり免疫がありません。
はい、んもう回ってるうちに疲れちゃうんですね(笑)
私ももちろん疲れますが、こなしてきた経験があるんで、ある意味平気なんです(笑)
最初から全速力で全神経使ってまわると絶対に息切れしてしまうんですよ。
だから、入ったらきっちり集中してテンションを上げすぎずに、最後まで同じテンション・意識を保ちながらどんどん足を進めて行く。
足は疲れるし、集中してるから終わったら勿論ぐったりだけど、なるべく全て見たいというなら、最初っから飛ばしすぎない事が肝心(笑)

さて、一人じゃないってことは好き勝手に回れません、でもいい事があります。
それは意見交換しながら見られる事。
好き勝手に見られるということは、独りよがりな味方になってしまうと言い換える事もできます。自分の興味がないタイプの作品だとじっくり会話する事をおろそかにしてしまうんです。

それが今回彼女とこの作品はあーだ、こーだ。この作品はどんなことをいってるのか。単純に「面白い」「つまらない」。こういう作品が好きだ、嫌いだ。などなど。
結構、目から鱗な見方ができてすごく有意義だったと思っています。
私があまり好きじゃなくても話を聞いてたら興味がわいたり、その逆も然り。

彼女はこれからどんどん現代アートに足をつっこんでいくだろうという立場。
どんどん質問してくるし、私もアーティストについてなど知ってる知識をなるべく彼女に説明しながら見て回ったのですが、これがまた自分の復習にもなって自分にとっても非情に価値のある事でした。




見終えて、ぐっったりの2人。でてきたセリフは。








おなかすいた!









そう、もう夕方になっていたにも関わらずランチを食べてなかったんですね。。。
街の中心へ戻り街散策!(レストラン探し!)
でも、さすがスイス。物価たかーーーーーーーーーーっ∑( ̄Д ̄;)
パリも高いけど、スイス更に上をゆく?!Σ(´Д`lll)

まぁそれでもなんとか軽食屋さんに入って頼んだものの。
それがべらぼうに少ない。お腹ぺこぺこぺこりんなうちら2人はおそらくそれを一人5皿くらい食べないとお腹いっぱいにならないのでは?!といった感じ。

でもおいしかった(*´ω人)
でもすくなかったp(´⌒`。q)


さて、お支払いを済ませた後、途中で見つけていたスタバへGo!!!(≧ω≦)b
f0105434_517621.jpg
んw?
もちろんデザート付きですよ♪♪♪
たっぷりのキャラメルフラペチーノも飲んでようやく満足!!!
おしゃべりも楽しくって大満足!!!




彼女の帰りの電車はわたしよりちょっと遅かったので私は先に乗車です。
(でも彼女はストラスブールに住んでいるので、私より先に着く・・・)
また会えるよ!という笑顔でぎゅぅ!っと抱き合ってビズしてお別れ。
ストラスブールで?パリで?日本で?韓国で?
次の再会はいつどこでになるかわからないけど、彼女とはまた会える気がします。
社交辞令で「また会おうね」といった会話をきいたりする。実はなかなか難しい事も分かっている事がある。
でも、もちろん私が日本に帰ったら難しいってことも分かってる。


なのに。
彼女とならいつでも連絡さえとっていれば、いつか絶対会えると思っている。
Merci seung-eun! C'était trés bon voyage!! A bien tôt!!!
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-13 22:00 | 旅行(le voyage)