私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観光(le tourisme)( 8 )

貝殻と地球遊び隊。

昨日、クスクスを差し入れてくれたAuriaの家にお皿を返しに行って喋ってたら「あ、ねぇ今日でかけたー?」と。
rena「え?いや?今日は出てないけどなんで?」
「えー!今日そこの通りでBrocante(蚤の市)やってるでしょ〜?」


そ う だ っ た !!!w( ̄▽ ̄;)w


そして行ってきました蚤の市。
たまにうちの前の通りで蚤の市をやるんです。
これは結構地域密着型で、商業要素の強いクリニャンクール蚤の市なんかと違って、もちろんアンティークのお店なんかも並んでるけど、地元の人も出店してたり、バザー的な要素もある。

日曜だというのに通りには人があふれ、通常は日曜閉店のカフェやお店が開いてるのだ!!やればできるんじゃんフランス人(笑)


そして買っちゃいました。。。指輪。。。(≧ω≦)うきゅぅ♪

f0105434_20302334.jpg
貝殻をくり抜いて作られた指輪。
一目惚れ。




スペインに行った時に買ったワンピースとイメージが重なって
どうしても欲しくなって買っちゃいました。

この出展者は本当に小さなスペースでひっそりと売っていたのだけど、どれみてもすごく丁寧に作られていて、私的にはレベルの高いお店だと思った。
銀を使った指輪やピアスやバックル。
銀と木や貝、石や皮などを組み合わせたもの。
特に指輪とペンダントヘッドが素敵。

HPがあるそうなので覗いてみたら、固定のお店は持たず、
各モードのショーやプレタポルテ、アクセサリーのサロンがあったときに出店しているよう。
そして突発でたまにこういった蚤の市なんかで商品を出しているようですね。
作りを見てみると量産ではないようなので、おそらく一つ一つアーティストが作り上げているのでしょう。
ちょっと、気になるブランドです。

↓↓↓貝殻の新しいコレクションの一部↓↓↓
::DEWA::





さて、今日は地球遊び隊のmiyuと久しぶりの再会!!!!!
彼女は去年まで一年間パリに滞在していて、地球遊び隊の一員としてパリを遊び尽くし、食べ尽くし、フランス国内や、ドイツやスウェーデンとかにも旅行にいった同士。

「ワインあるよ。飲みおいで!」を合い言葉に、しょっちゅうお互いの家を行き来し、一昨年の冬休み2週間はmiyuがうちに泊まり込んで遊びまくった。
血がワインとシャンパンでできていると言っても過言ではないほど飲みまくった。
飲めない2人が一日一本、多い時には一日2本ボトルを空けた。

年末は+友達2人と4人でシャンパンをなんとボトル6本空けた。
あんな経験はもう二度とできないんだろうなぁ。。。
ずっと笑ってて、その頃お互い苦しいこともたくさんあったけど、彼女がいたからなんとか前に進めた。
クリスマス、女2人で漫才のような会話だったけど、色気がない。なんていわれたとしても忘れられない楽しいクリスマスだった。

12月24日。0時のミサに行きたい!!!
と、酔っぱらい2人がパリの街に出て、大声で賛美歌を熱唱しながらノートルダム大聖堂に向かってセーヌ川沿いを歩いた。
最高に楽しかったなぁ。

帰り、真夜中3時。もちろんメトロはないからノクターンバス。
ナント反対方向に乗ってしまった!ってオチはあったけど^^;


まぁそんな彼女がですね、休みを利用して彼とパリに遊びにやってきたんです。
モンマルトルの丘に行きたいそうで、そこで待ち合わせ。
丘に登ってサクレクール寺院を見学して、ディナーして、丘の上から夜景を堪能して帰ってきました。

懐かしい話に花を咲かせて、近況報告して、楽しい時間。
彼女もあのノリのまま、そのままで嬉しかった。
私が冬に帰ったときは予定が合わず、会えなかったから。

そんな2人だからパリの駅でバイバイする時も「そんじゃ、また近いうちにね〜!メールするー」と言いそうだった。
いやぁ楽しい時間はあっという間でした。



ってかさ、なんで丘の上までいくケーブルカー?エレベーターもどき??が動いてないのよ!!!!!!!!
おかげで丘の上まで階段で登んなくちゃいけなかった!!!
私もう若くないのにぃーーーーーーー(≧д≦)むきぃ!

これだからフランスは。
[PR]
by rena-7007 | 2007-04-30 22:00 | 観光(le tourisme)

musée d'Orsay

最近寝付きが悪く、眠れない。。。
疲れてベットに入っても頭には秒針の音が響くばかり。
結局、最終的に夜中の3時を確認の後、いつの間にか眠りについた。


、これがまた夢見が最悪この上なかった。
まずは色んな先生に責められて、
次は知らない人たちに責められて、
その次は彼氏に(ここでは知らない人だった)見下されて(責められはしなかった)、
次は友達に責められて、
最後には得体の知れない虫(?)にまで攻撃された。

大量の蜂かなんかが私の背中や頭にばたばたと落ちてくる感じ。
突撃してくる感じ。
回りの友達に助けを求めるのに、みんな目に恐怖の色を浮かべて私から離れてくの。
私は何が起こってるのか、どんなものに攻撃されてるのか分からなくて怖くてたまらなかった…


その瞬間目が覚めたけど、その瞬間背筋がぞぞぞ。とした。
背中にはあの虫の感覚が残ってて思わず叫びそうになった。
シャワー浴びたんじゃないかってくらい汗びっしょり。
何なんだ一体。。。
夢でずっと責められまくりで朝からめっちゃ凹みました。
誰か夢判断できる人はいませんか???


さらに酷い吐き気と腹痛に見舞われ散々な朝。
外は雨。
むちゃくちゃ寒い。。。
時刻は朝6時。あの後すぐ寝たとしても3時間しか寝てない。
でも、再び目をつぶっても眠れなかったのでベットの中でぼーっとしていた。
起きたいのに吐き気と腹痛倦怠感で起きられないという酷い朝。
時間ぎりぎりまで粘って、なんとか体をたたき起こし仕事や所用を終わらせ今日もホテルまでお出迎え☆





お買いものに付き合い、お昼を食べて、オルセー美術館へ。


f0105434_5433321.jpg
本日のオルセー。



時間を考慮して、全てを見るのではなく好きなタイプの絵画を聞き出して、それらのタイプの絵画を中心に有名な外せない作品を案内。
大満足してくれたし、私も素敵な時間が過ごせて満足☆
今日思ったのは、1人で美術館に行くもよし、友達も行くもよし。
色んな関係の人と、色んな年代の人と美術館に行くべし、ということ。
やっぱり1人1人感じるところは違うし、なんだかとっても勉強になったし興味深い意見も、感動する意見も聞けてとても貴重な美術鑑賞でした。



その後はシテ島へ行き、ノートルダム寺院へ。


f0105434_544273.jpg
今日は冷たい雨が降り、風が強かった。
それは暗かった。
もちろん院内も暗かった。
でもよりいっそう厳かな雰囲気だった。
それも、また、よかった。




ぐるりとまわり、レリーフの説明(モチーフになっている聖書の物語の説明)なんかをしながら院内を鑑賞。
最後に席に座って教会の雰囲気を堪能しつつ一休み。



慣れない海外の気疲れもあるのか美術館でかなり疲れが見えていたので、街をフラフラしながらホテルへ戻り今日は解散。
これで2日間のパリの案内が終了です。
なんだかひたすらに感謝してもらったけど、今回は別にあまり大したことはしていない^^;
でも、とっても満喫してくれたようでよかった☆


あぁ、今日は眠れるかな。
怖い夢見ないかな。
明日も用事があるから眠れないとさすがに辛い。。。
睡眠大好きな私にとって睡眠障害はとーっても辛いのだ。。。




*Musée d'orsay*オルセー美術館
・Musée d'orsay公式HP・・・http://www.musee-orsay.fr(仏語・西語・英語)
住所1, RUE DE LA LEGION-D'HONNEUR 7区
オープン時間:10:00~18:00
(木曜21:45まで、日曜&6月21日~9月28日は9:00から)
休み:月曜、1/1、5/1、12/25
料金:7.5ユーロ  
 *日曜&16:15以降の入場(木曜は20:00以降)&18歳~25歳は5.5ユーロ
 *17歳以下無料 第一日曜無料
メトロ:12番線"Solférino駅"
RER : C線"Musée d'Orsay駅"
[PR]
by rena-7007 | 2007-03-06 22:00 | 観光(le tourisme)

Le soleil brille dans le ciel

 パリの季節 暦は春
 マルシェにはミモザが並び
 パリジャン パリジェンヌ達の顔がほころぶ

 はりつめた空気は 最後の力を振り絞って
 コートの上から 私達の肌を刺す
 顔を出し始めた太陽が そんな冬の厳しさを癒す
 春の光は 生まれたばかりの初々しい煌めきを湛え
 灰色に凍ったパリの街と 生物たちの息吹に触れる

 パリの街路樹からこぼれた光芒は
 切なくなってしまうくらいに 
 街が滲んで見えてしまうほどに
 希望のひかりとなる

 底から冷え切ってしまったパリの街も
 この光が少しずつ 少しずつ
 暖めてくれるだろう






朝晩は冷え込むものの、昼間は暖かくなってきました。
知人が昨日パリ入りしたので一日パリ案内をしてきました。
海外初めて組で不安がいっぱいらしいので、ホテルの送迎つきです。
メトロに乗って徒歩でのお迎えだけど。。。

今日は一日歩きっぱなしで疲れたけど、春の空気に触れられて気持ちが良かったです。
肌寒いのに暖かい。いい季節ですね☆

明日はお仕事や用事を済ませたら再びホテルへお迎えへあがり、再び一日パリ観光にお付き合い♪

うちに滞在していたmayaがスペインへ旅立ったと思ったら来客。
3月はこのあと2組お客様を迎える予定。
私も3月はずっとパリ観光することになりそうです。
でもお客様が来て、パリを案内できるのは私もとっても嬉しい。
パリを満喫するのにちょっとでも役立てるならもっと嬉しい。
お友達もパリを楽しんで、私もパリを楽しめる。


パリはこれからいい季節です。
みなさん、お金を貯めて時間をつくってパリに遊びに来て下さい。
renaが、一生懸命パリをご案内いたしますよ☆
rena的パリの楽しみ方、伝授いたしますよ☆
ってか、renaが一緒になってパリを楽しんじゃいますよ☆
[PR]
by rena-7007 | 2007-03-05 22:00 | 観光(le tourisme)

Les passages

パリの散策。
パリらしい風景って、なんですか?
エッフェル塔、凱旋門、モンマルトルの丘、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、オルセー美術館…

光景なら、駅構内で演奏するミュージシャンの姿かもしれませんし、
テラス席で太陽を満喫しようとするパリの人々…
はたまた、バゲットを手に家路を急ぐパリジャンの姿かもしれません。




さて、今回はパリのパッサージュについてお話ししたいと思います。


時は18世紀後半から19世紀。
パリにパッサージュと呼ばれるアーケード通りがたくさん造られました。
現存するパッサージュの数は右岸に20程度。

パッサージュによってそれぞれの雰囲気は違いますが、このパッサージュもパリらしい一面かもしれません。
一歩足を踏み入れると昔のパリにタイムスリップしたようなノスタルジーを覚えます。
保守的なフランス人でも、外をでれば新しい物が目に入ってきます。
でもここは、その昔のパリの雰囲気を味わうことのできる場所。
"パリらしさ"を残した場所。


今回は"LE PASSAGE DES PANORAMAS"と"LE PASSAGE JOUFFROY"へ足を運んできました。


f0105434_212725.jpg
こんな風に、ガラス張りの天井。
雨が降っても濡れることなく、地面がその昔のようにぬかるむこともなく、のんびり散策することができます。





f0105434_215293.jpg
このレストラン、柱なんかが全部木でできています。
ガラス上部には細かい細工も施され、昔の職人さんの技術に感心させられるばかり。
年月をかけて素敵な色に染まった木は、そのお店に暖かさと、歴史を感じさせています。





f0105434_294444.jpg
お昼頃ここを訪れた私。
店のドア部分にこんな張り紙を見つけました。
''PAUSE DEJEUNER DE RETOUR DANS 30MN''
"お昼休み、30分で戻ります"

…。

何時に出たのかわからないのに、30分と言われてもわかりませんよね(笑)
でも、そんな適当さがパリジャンらしいじゃないですか。

あれですよ、30分後に戻ってきて「まだ開いてないじゃない!」って怒ったりしちゃダメですよ。
こちらはそういう国なのです。
30分なんて、時間はあってないようなもの。
きっと店主はのんびりどこかでワインを飲みながらランチをとっているのでしょう。





f0105434_2165021.jpg
ここはアンティークのポストカード屋さん。
そう、LE PASSAGE DES PANORAMASというパッサージュには多くのこうしたカード屋さんがたくさんあるのです。
フランスにはこのカードのコレクターもたくさんいます。
そしてここは、古い切手屋さんも軒を連ねております。
切手の収集されいる方、ポストカードの収集をされている方には宝の山のようでしょう。

ここのポストカード屋さんの店主はとてもフレンドリーでしつこくなく、とても優しいです。
興味を持ってお話しすればなんでも応えてくれます。
勇気を持ってさぁ"Bonjour!"と店内に入ってみましょう。にこやかに応えてくれますよ、きっと。
かく言う私は外に出ていたカードを見ていたらムッシュが中に招き入れてくれたのです。
おかげでゆっくり探すことができました。

高い商品も多いですが、安く手に入れられるカードもありますので、旅の思い出に一枚いかがですか?観光地に売っている凱旋門のポストカードより、きっと、いい思い出になると思いますよ。



さて、パッサージュ散策はまだまだ続きます。
次回の記事はもう少し後、お楽しみに☆


今回訪れたパッサージュ。

LE PASSAGE DES PANORAMAS
10, rue Saint-Marc
11, boulevard Montmartre


LE PASSAGE JOUFFROY
10, boulevard Montmartre




その他主なパリのパッサージュ。

LA GALERIE VIVIENNE & LA GALERIE COLBERT
6, rue des Petits-Champs

LA GALERIE VERO-DODAT
19, rue Jean-Jacques Rousseau.
2, rue du Bouloi

LE PASSAGE CHOISEUL
44, rue des petits-champs

LE PASSAGE DU GRAND-CERF
145, rue Saint-Denis 

LE PASSAGE BRADY
rue du Faubourg Saint Denis 〜 rue du Faubourg Saint Martin
[PR]
by rena-7007 | 2007-02-09 22:00 | 観光(le tourisme)

guten tag.

今日もおととい遊んだ友達Tとデート(*ノωノ)
最近デートが続いてるなぁ。天気もいいし、嬉しいけど♪

今日はとりあえずオデオンにて待ち合わせ。
午後お茶する予定だったから、タルトのおいしいお店に行こうとオデオンを指定したのだけど、仕事の時間の関係でお昼過ぎには出られることになったので一緒に軽くお昼を食べることに。



f0105434_5525096.jpgオデオンのパッサージュの中にあるブラッスリー。
テラス席を発見してとりあえず一息。
とにかく暑いのー!
そんなにお腹も空いてなかったから前菜は飛ばしてメインのみ。
今日はまた最高気温35℃というひどい気温だったので、 冷たいお皿を選択。
『サーモンのタルタル』
タルタル好きだな〜私。
暑いからってのもあるけど。
甘くキャラメリゼされたバルサミコソースでした。


f0105434_5531082.jpg
デザートはイチゴのソルベ、チョコとバニラのアイス。
相変わらずフランスのチョコアイスは濃厚でうまい!
通常暑い日にショコラはきついけど
こんなアイスなら暑くてもぺろりといけちゃうね_(。ω。)_(。ω。)≡ヽ(・∀・)ノ ォゥィェ!





f0105434_5532842.jpg
話しまくった後、そのまま友達のリクエストで凱旋門へ。
シャンゼリゼはサッカーの決勝進出の時大騒ぎしにきたけど、
まじまじと凱旋門見るのも久しぶり。たまにはいいね!
ぼーっと凱旋門を楽しんだ後、
なぜかシャンゼリゼを歩いて私のお買い物に付き合ってもらう(笑)

Tはそのまま夕方ドイツ、ケルンへと帰ってゆきました。
またパリかケルンであそぼうねぇ〜っっ!!!!!





夜は毎度おなじみ地球遊び隊のみゆと会合。
いやぁ、彼女がうちの近くに引っ越してきてちょこちょこ会う回数が増えた。
さて、今回は週末なにかしようよ!あそぼうよ!ということで彼女はその計画を立てる為にうちに来たのだけど、週末の予定を立てるはずがどこもギリギリすぎてきつい。
最初は海だ!プールだ!バーだ!クラブだ!と盛り上がっていたものの、結構なぁなぁになってしまい、、、
どうやらゲテモノ料理を食べに行くことになりそうです。

どこをどうしたらバカンスがゲテモノになるんでしょうね。

これが地球遊び隊の七不思議。
[PR]
by rena-7007 | 2006-07-20 22:00 | 観光(le tourisme)

14 Juillet

8時起床!!

え”−−−−−!!!
昨日あんなんで体くたくたなのにお昼おきじゃないのーーっ(≧д≦)ノ???
と文句たれたれの体に向かって
「おきなはれ。」と頭が命令。
頭が言っても体がゆうこときかない。これが常。
こうなれば残るは気合。でぇぇーいっ!っと気合で起きあがる。必死に起きる。


まぁ確かに体の訴えもわからなくのない。なんでまたこんな早く起きなきゃいけないの?!
ってそう、今日は「14Juillet」フランス革命の祝日。
この日はシャンゼリゼでパレードがあるのです。
友達とシャンゼリゼで行われるパレードを見に行こう!って以前から約束してたから絶対に行かねば…だったのです。
友達の家からだったのでちょっと余裕もって出たら10分前に到着。おぉ。日本人!10分前行動♪とくだらないことに心でニンマリ。
が、そう、ここはフランスです。時間になってもこず、おやぁ?と思ってメール入れたら「今○○だよ。まだ着かない」
オイッ…。ってことは約束の時間くらいに地元駅を出発したのでは?!( ̄ェ ̄;)
結局友達が現れたのは約束の時間の25分後。そうよね×2。ここはフランスなんだもの(*´ェ`*)ポッ
友達が30分遅れでなくってよかった。


シャンゼリゼはもうすごい人・人・人!!!

f0105434_7432354.jpg
馬に乗ったブラスバンド(?)
乗馬しながら演奏って。すごい^^;
マウスピースが喉つきそうだ。。


f0105434_74423.jpg
多種多量の戦車
まるで映画の世界
しかも猛スピードで駆け抜けていく



ところどころに挟まれる航空ショーに目を見張り、軍服来たお兄様お姉様、シラク大統領にきゃぁ(*ノωノ) と頬を赤らめたり(笑)
初めてシラク大統領を生で見た!!
この間はパリ市長も見かけたし、なんかお偉いさんにお会いする機会が多いわ。
あ、正しく言うと見かける機会が多い、だわ。


キラキラの強い日差しにくらくらしながらパレード鑑賞。
3時頃くたくた帰宅。
そうそう、地元駅に着いたら戦車走ってたΣ(=゚ω゚=;)
普通の道路を戦車が走る。これ、すごく変な感じ。
非日常の光景をみると本当にびっくりする。
なんかいきなり「ぽこっ」っと戦地に運ばれちゃったみたい。ちょっと怖いね。

家に着いたとたんバタンキューしたかったけど夕方から友達が。
でも、それは夏の旅行計画とそれに伴う必要準備事項の確認だったから楽しかった。
夏といえばバカンス!バカンスといえば旅行!!
ん〜!たのしみーーーーーーーーーーっっっっっ(*ノωノ) ♪
[PR]
by rena-7007 | 2006-07-14 22:00 | 観光(le tourisme)

PARCOURS DE LA GAY PRIDE

今日はゲイパレード!!
私の中でゲイパレードはパリでのはずせないイベントの一つ。
13h30にMontparnasse(モンパルナス)を出発し、Bastille(バスティーユ)までのパレード。
ゲイのお兄ちゃんやおじさん、レズっ子達がトラックに乗り込み大音量の音楽に合わせて踊りながらゆっくりと進んでいきます。
みんな道ばたでも踊りまくり街はもう大きなゲイクラブ?!

f0105434_3492310.jpg
きわどい衣装の人も多々います(ミ ̄ー ̄ミ) ニャ

f0105434_3495322.jpg
誰も彼もが皆のりのりです♪
f0105434_3502038.jpg
トラックに乗り込みダンスしまくる若者達。


f0105434_347788.jpg
ゲイに限らずレズの女の子もアリ。
ピンクのウィッグがかわいい!



f0105434_4104938.jpg
オープンカーに乗ってやってきたのはウエディングドレスに身を包んだ女の子二人。
チャーミングでかわいかった!




友達とかっこいい子を見つけるたびにきゃーきゃー!わーわー!
でもこの人たちゲイなんだよなぁ〜。もったいないよなぁ〜。



f0105434_44334.jpg
ピンクの紙吹雪が舞ってます!!
f0105434_451987.jpg

トラックにはDJが乗り込んでプレイしながら進みます。



f0105434_42799.jpg
トラックの上で旗を振り回してるお兄さん。
すっごくいい体してました。あんな大きな旗回し続けてるなんて体力あるなぁ。



f0105434_475723.jpgf0105434_482752.jpgあぁぁっっ!
PinkTVのグループがやってきました!
きゃー!
ムチでおしおきされちゃうわっ(*ノ▽ノ)



以下、しばらく仮装した人たちの写真をお楽しみ下さい!!
(PCによっては写真のレイアウトが崩れると思います)
f0105434_413455.jpgf0105434_4145058.jpg
f0105434_4133136.jpgf0105434_4142373.jpg
f0105434_4153156.jpgf0105434_4162522.jpg
f0105434_4171073.jpgf0105434_4173334.jpg
f0105434_418090.jpgf0105434_4182945.jpg




はっちゃけて踊りまくってたらお兄さんに「トラックあがんなよ!」って誘われたよw
全部見たかったから上がらなかったけど。
観覧者が乗り込むって、そういうのありなんでしょうか?!

f0105434_40501.jpg
うちらの後ろにゲイカップルが2組4人、なかよく観覧してました。
なんだか微笑ましかったので写真を撮らせてもらった♪




ん〜!去年同様楽しかった!!
戦利品もいっぱい!ゎぁぃ♪ ヾ(*・ω・)八(・ω・*)ノ ゎぁぃ♪
そう、パレード中、トラックからはアメやコンドームがばらまかれるんです。トラックに乗り込んでるお兄さんに手を伸ばしても手渡してもらえるのだっ(^・ω・^)
すっごくラッキーなことに稀少なTシャツもGet!
アニエスとスタルクのサッカーユニフォームほしかったなぁ。
あれは投げてなかった。残念。
Pink TVの笛も3つ!!
いや、フエはそんなにいらないのよさ…orz

あるグループはバス停の屋根に登って大騒ぎ。
どの国も若い子達の行動は似ていますね(笑)
今回も大騒ぎで始まって大騒ぎで終わったゲイパレード。
来年は終点地バスティーユあたりで見てみようかなぁ!!
[PR]
by rena-7007 | 2006-06-24 22:00 | 観光(le tourisme)

Bercy

今日は仕事関係のお付き合いでお出かけ。
帰りに天気も良かったのでBercyまで歩いてみました。


フランス大蔵省を横目にPalais Omnisports de Paris-Bercy(スポーツ競技場)を横切る。そして発見したのはこの中に一年中出来るスケート場があるということ。
今まで知らなかったよΣ(゚д゚;)?!

しかもここがまた芝生が広く広がっていて気持ちがいい。
ハーフパイプなどを備えたローラーブレード、スケボー練習スペースもあって若者達が遊んで(練習して)いた。見てたらやっぱりやってみたくなった!!
これから夏だし、ローラーブレード買っちゃおうかなぁ。そうしたら毎週金曜日とかにやってるパリの街中を走り抜けていくローラーブレード散策(?)にも参加できるのに。運動にもなるし。運のいいことに、うちの近くもそのルートに入っているから、うちの近くで抜けて帰ってくればいいんだし。(うちの近くが出発地点だったりして^^;)



さて、そのままLe Parc de Bercy(ベルシー公園)まで。
実はこの公園まで私はうちからバス一本で来られる。でも実はここも初めて訪れた^^;いい公園を発見です。

再開発で作られた公園なのでちょっとモダンな感じ。花の植えられ方も人の手が入ってる感じがする。段花壇になってたり。
つくられた小さな丘に子供達は大はしゃぎ。
沢山の木々に日陰も多く、夏にはとても気持ちがよいと思う。夏のリュクサンブールやチュイルリー、モンソー公園などは人がいっぱい!広さは負けるものの、前者2つは芝生に寝っ転がって〜ということはできないので、ゆっくり公園を楽しみたい!って人はこのベルシー公園はオススメかも。
池とかもあるし(笑)カモや鯉もいます。カモは親子がいて、小ガモたちが親ガモの後をついて泳ぐ姿は微笑ましかった。
気持ちのいい公園。カメラを持っていってなかったのがすごく残念。



さて、そのままベルシー公園を背にして進むと、シネマ・コンプレックスを備えたショッピングモールがあり、レストラン、バー、カフェなどが建ち並ぶベルシーヴィラージュ(Bercy Village)に着きます。
そう、この間いったchai33があるところですね。(その時の記事はこちら)
日曜日は殆どのお店が閉まってしまうパリ。しかし!ここは日曜日もオープン!!
テラスもどこも満席!!沢山の人でにぎわっていました。
はい!今度はお弁当もってベルシー公園へ行ってみます!!

明日も天気になぁ〜れ(゚▽゚*)ニパッ♪





Parc de Bercy(12区)
Open:月〜金8h〜 土・日9h〜 
(閉園時間は季節により変更。日没が目安) 
Métro:14番線 Cour-Saint-Emilion
または、6・14番 Bercy駅より 徒歩4分
Maison du jardinge....火〜金曜 13h30〜17h30(11〜2月〜17h)



Bercy Village(12区)
Métro:14番線 Cour St-Emilion
Open:11h〜21h、レストランは1hまで。
Tél:+33.01.40.02.90.80
Bercy Village公式HP(仏)



Palais Omnisports de Paris-Bercy(12区)
Métro
14番線:Madeleine <- > Bibliothèque François Mitteran
6番線:Nation <- > Etoile
1番線 :Vincennes < - > La Défense
→各"Gare de Lyon"下車。
RER
A線 :La Défense < - > Vincennes
D線 :Gare du Nord < - > Gare de Lyon
→各"Gare de Lyon"下車。
公式HP(仏)
☆スケート場一般開放☆(料金割引有り)
水曜日:15h00〜18h00 4 euros
金曜日:21h30〜00h30 6 euros
土曜日:15h00〜18h00 4 euros
土曜日:21h30〜00h30 6 euros
日曜日:10h00〜12h00 4 euros
日曜日:15h00〜18h00 4 euros

[PR]
by rena-7007 | 2006-06-04 22:00 | 観光(le tourisme)