私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旅行(le voyage)( 46 )

バーゼル二日目。
朝起きてすぐに出発準備して後、駅へ向かいます!!!!

なぜって???

そう、以前blogに書いた一緒に行くかもしれなかった友達、実は昨日のパリからバーゼルへ向かう電車の中で電話がかかってきて「明日(13日)着のチケット取れた!会おう!」と(笑)

朝8時半くらいだったかな?着の電車だったので、早々に私もホテルのチェックアウトを済ませてその時間に駅へお迎え!
大きい駅なのに「じゃ、駅で!」なんて、あり得ないくらいの約束を交わしたにもかかわらず、いい具合に再会できました☆
エレベータの上と下で「きゃ〜!seung-eun!!!」「きゃ〜!rena〜!!!」とはしゃぎながら感動の再会をはたした後、こんな早朝じゃまだフェアもやってないということで、駅前のカフェに入ってお茶(笑)さすが女の子( ̄∀ ̄*)イヒッ

久しぶりの再会という事もあり、彼女がフランス語を自由に扱えるようになった事もあり、私たちのやりたい事が似ていることもあり、もう喋るわ×2。。。
きっと大阪のおばちゃんもびっくりよ( ̄ω ̄;)!!




そして行って参りました世界でアートフェアのトップとも言われるアートバーゼル!!!!!
f0105434_4404714.jpg
どどーん!
ポール・マッカーシーの彫刻作品です。
どんだけでかいんだよ!ってくらい大きい。
(周りに写っているひと参照)



中は撮影禁止。まぁ撮ってる人もたまにいましたが^^;
大きい荷物は持ち込めず預ける事になります。
カメラ持ってると預けてこいと注意されますよ(笑)

大きな作品を集めたフロアそして、そこから隣の別館(?)へ移動できます。
そちらは通常のように色々なギャラリーが集まっているスタイル。




ひろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい・・・
f0105434_4543727.jpg
覚悟はしていましたが。。。
この建物くるっと一周3フロア分が会場です。
中心部はお庭に☆軽食も食べられます。




この一年、色々なフェアを回ってきましたが、常に一人で回ってきました。
自分の好きなように回り、好きなように見て、好きなだけ立ち止まり、通り過ぎました。
たくさんのメモを取りながら、名前や作品をチェックしながら。

今回は2人。同じようにはいきません。
この一年でフェアの回るときのスタイルが身に付いている私ですが、彼女はまだあまり免疫がありません。
はい、んもう回ってるうちに疲れちゃうんですね(笑)
私ももちろん疲れますが、こなしてきた経験があるんで、ある意味平気なんです(笑)
最初から全速力で全神経使ってまわると絶対に息切れしてしまうんですよ。
だから、入ったらきっちり集中してテンションを上げすぎずに、最後まで同じテンション・意識を保ちながらどんどん足を進めて行く。
足は疲れるし、集中してるから終わったら勿論ぐったりだけど、なるべく全て見たいというなら、最初っから飛ばしすぎない事が肝心(笑)

さて、一人じゃないってことは好き勝手に回れません、でもいい事があります。
それは意見交換しながら見られる事。
好き勝手に見られるということは、独りよがりな味方になってしまうと言い換える事もできます。自分の興味がないタイプの作品だとじっくり会話する事をおろそかにしてしまうんです。

それが今回彼女とこの作品はあーだ、こーだ。この作品はどんなことをいってるのか。単純に「面白い」「つまらない」。こういう作品が好きだ、嫌いだ。などなど。
結構、目から鱗な見方ができてすごく有意義だったと思っています。
私があまり好きじゃなくても話を聞いてたら興味がわいたり、その逆も然り。

彼女はこれからどんどん現代アートに足をつっこんでいくだろうという立場。
どんどん質問してくるし、私もアーティストについてなど知ってる知識をなるべく彼女に説明しながら見て回ったのですが、これがまた自分の復習にもなって自分にとっても非情に価値のある事でした。




見終えて、ぐっったりの2人。でてきたセリフは。








おなかすいた!









そう、もう夕方になっていたにも関わらずランチを食べてなかったんですね。。。
街の中心へ戻り街散策!(レストラン探し!)
でも、さすがスイス。物価たかーーーーーーーーーーっ∑( ̄Д ̄;)
パリも高いけど、スイス更に上をゆく?!Σ(´Д`lll)

まぁそれでもなんとか軽食屋さんに入って頼んだものの。
それがべらぼうに少ない。お腹ぺこぺこぺこりんなうちら2人はおそらくそれを一人5皿くらい食べないとお腹いっぱいにならないのでは?!といった感じ。

でもおいしかった(*´ω人)
でもすくなかったp(´⌒`。q)


さて、お支払いを済ませた後、途中で見つけていたスタバへGo!!!(≧ω≦)b
f0105434_517621.jpg
んw?
もちろんデザート付きですよ♪♪♪
たっぷりのキャラメルフラペチーノも飲んでようやく満足!!!
おしゃべりも楽しくって大満足!!!




彼女の帰りの電車はわたしよりちょっと遅かったので私は先に乗車です。
(でも彼女はストラスブールに住んでいるので、私より先に着く・・・)
また会えるよ!という笑顔でぎゅぅ!っと抱き合ってビズしてお別れ。
ストラスブールで?パリで?日本で?韓国で?
次の再会はいつどこでになるかわからないけど、彼女とはまた会える気がします。
社交辞令で「また会おうね」といった会話をきいたりする。実はなかなか難しい事も分かっている事がある。
でも、もちろん私が日本に帰ったら難しいってことも分かってる。


なのに。
彼女とならいつでも連絡さえとっていれば、いつか絶対会えると思っている。
Merci seung-eun! C'était trés bon voyage!! A bien tôt!!!
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-13 22:00 | 旅行(le voyage)
f0105434_191533.jpg
バーゼルの街。

f0105434_191016.jpg
バーゼルを流れる川、街を繋ぐ橋の上から撮影。




さて、バーゼルに到着てすぐ街へ出て観光です。

・現代美術館
所蔵作品数が少なく、ちょっと物足りない感が。。。
かわいい作品もありましたけどね。
併設されていた建築美術展も見てきました。


・バーゼル市立美術館
欧州最古の公共美術館です。
作品数もちょうど良く、内容もこちらはとても楽しめました。
あ、チケット買おうとしたら無料で入れました。何故かは不明。


f0105434_18562540.jpg
・アートフェア"LISTE"
若手アーティストを集めたフェア。
学祭ノリってことで楽しみにして行ったのだけどちょっと期待ハズレ。
レベルの高い作品にはあまり出会えなかったです。
そして学祭ノリでも、展示にはアートギャラリーとしてのセンスを見せてほしかったな。

あっ!
東京画廊(日本で最初の現代アートギャラリー)のオーナーである田畑幸人さんに会った!
会ったっていうか、私、面識ないし。。。見かけました(笑)



・アートフェア"VOLTA"
これは今年で3回目というできたてホヤホヤフェア。
LISTEが思ったより早く見終わったので行くことにしました。

f0105434_192953.jpg
その途中で見つけた広場(芝生道)



案内に従って歩いて歩いて行くと川へ降りろ命令張り紙。



え。



なに。



川沿いでやってんの( ̄Д ̄;?



と思ったら・・・



ボートシャトル!!!
f0105434_18575093.jpg
そう、そこからボートに乗って会場に行くんですね!!!
スイスの街並を眺めながら約15分のクルーズ☆
これだけで大満足でした(笑) 私、クルージング好きなんです(*´ω人)


f0105434_19161120.jpg
会場は工場跡地(?)。工業地帯にちょっと驚き。



f0105434_18593187.jpg
会場のすぐ横を貨物列車(?)が走っていたりするし。
肝心のフェアですがこれはまぁまぁ良かったです。
良い作品にもいくつか出会えました。



でもね、疲れてるのに足の過労のためにその痛みでなかなか寝付けなかったです↓
時間がなくてこんなに一日で回ったから仕方ないかな。

そしてね、ホテルはバーゼルのいつも通りユースホステルに泊まったんですが、これが超よかったです!
中央駅からすぐだし。
スイス・バーゼルに来る時は物価の高いスイス、下手にホテルとるよりもここに泊まった方が良いと思う。。。
ドミトリーだけじゃなくてダブルやシングルルームもありますよ。

ホールもダイニングも、部屋もトイレもシャワールームもとても清潔で綺麗だし、受付のおじさんも親切できちんとしているし、ネットはMacだから日本語打ててタダだし。ベットメーキングもする必要なし。毎日掃除ベットメイクされるらしい。
更にスリッパと電車の切符までプレゼントしてくれる(笑)
キッチンもあって調理も可能ですよ♪


で、私はキッチンは使用しなかったんだけど、スイスって郷土料理はあるのかしら?
だってあんまり聞いたことなくないですか?スイス料理って。
スイス人って、一体何食べてるんだろう。(ー'`ー)う〜ん。
スイスチョコじゃご飯にならないしねぇ。
チーズだけじゃ、やっぱりご飯にならないしねぇ。
ハイジって、何食べてましたっけ?
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-12 22:00 | 旅行(le voyage)
さて、最終日は拠点にしてきたブリュッセルの観光です。
有名な小便小僧や、GODIVA、Pierre Marcoliniなどのショコラティエ、おいしいワッフル。
私たちもワッフルを方張りながら、GODIVAのフラペチーノを飲みながら、ベルギー散策を楽しみました☆



f0105434_1134657.jpg
ここはブリュセルの中心、グランパレス。
この広場には花市が立っていたり、絵を売っている人がいたり。
移っているのは広場を囲むフランドル商人達のギルドハウス。


プチサブロン広場へ向かう途中に小さな教会を発見。
ここはカトリックでなくプロテスタント教会。(だった気が…)
ちょうど礼拝が終わったようで、牧師先生がにこやかに挨拶してくれました。
そして、この教会の歴史、戦争で崩れてしまった部分や残る部分、
その爪痕を奥に飾られていた写真を使って丁寧に説明して下さいました。
通りすがりの観光客にも本当に優しく、熱心に語って下さり、
その暖かい口調・おもてなしにちょっとじぃ〜んと来てしまいました。



f0105434_1121778.jpg
さて、プチサブロン教会の方まで。
そこにあるノートルダム・デュ・サブロン教会。
只今ちょっと工事中ですーーーー。



f0105434_1252510.jpg
もうどこだったかも忘れてしまいましたが、ウィンドウショッピングしてると、
大きな広場にぶつかり、そこでは蚤の市をやっていました。
この日はとってもいいお天気☆でも良いお天気過ぎて暑い!!
こんな偶然の出会いも旅の醍醐味であります。




あっちこっちと歩き回り、ブリュッセルマスター!!!!!!



3日間かけてベルギー旅行も今日でおしまい。
隅々までまわって、見尽くしました。
歩きすぎて疲れたところでパリへ戻ります。




戻りまーす。




戻ります。




戻ります。。。





戻ります?






戻れません?!?!






あれっ。



あれれれれれれれれれれれれれれれ。



あっれーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!




電車、
乗り過ごしました…orz








帰りはね、一等車だったの。。。
一等車の特別割引チケットが限定でネット発売されて、それは2等車よりも安いの。
その予約のために朝5時に起きて頑張って取ったの。
とれた瞬間「よっしゃぁ!」って泣きそうだったの。。。


でも、乗り過ごした方が泣きそうだーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


私が出発時間と到着時間を見間違えたんです。
しっかり見てなかったんです。
パリ到着時間を出発時間と間違えたんです。
やっちまった。。。気付いた瞬間、滝汗ですよ。
わかります?寝坊とかじゃないんですよ、しっかり間違えたんです。
私もういい年齢なのに。あ"ぁぁあぁああぁぁぁ。。。
mamaも娘のふがいなさに情けなく思ったでしょう(苦笑)


はい。超格安チケットだからもちろん変更不可。
窓口のお姉さんに泣きそうになりながら事情を説明し(意味ないんだけど^^;)新しいチケットを買い直しました。
安く帰れる方法を考え、駅で再び〜分待機です。
〜分っていうのは、もう何分待ったか忘れてしまった。。。
2時間くらい待ったような気がします。

チケットを購入、渡されて最後のお姉さんの一言。
「そうはいっても(乗り過ごしちゃって残念だったけど)良い旅をしてね。」
この言葉にノックアウト。。。

パリに着いた頃はもう2人してぐっっったりでする〜〜〜(TωT)



そんないらないオチをつくってしまったベルギー旅行でした!!!!!!


書いてて凹んでくるし、コレが〆じゃ、しまるものもしまらないので、
最後にブリュッセルの美しい夜の姿をどうぞ☆


f0105434_1454875.jpg
〜王の家〜
現在は市立博物館として使われています。
フランボワイアン様式の美しい建物。

f0105434_147135.jpg
〜市庁舎〜
15世紀に造られた建物。
昼と夜とではその見せる顔は全く異なりますね。



と、なんともオロオロわたわたの素敵なベルギー旅行でした☆
(うまくまとまった?!記事しまった?ねぇ、しまった?(´>_<`)???)
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-03 22:00 | 旅行(le voyage)
mamaとのベルギー旅行二日目!
今日はフランドルの“水の都”ブルージュへ!
ブリュッセルからブルージュへは1時間ほど。
お天気がとっても良く、観光日和!よかったぁ☆



■愛の湖〜Minnewater〜
f0105434_2232324.jpg
ブルージュは"屋根のない美術館"」と呼ばれています。
街の中には運河が縦横に流れ、自然もたくさん。
その美しい景観は体も心も元気にしてくれます。

かつての内港だったこの場所は恋人たちの憩いの場として
「愛の湖」Minnewaterと呼ばれるようになりました。
今回はmamaと2人、愛の湖で愛に満たされてきましたよ♪



f0105434_2273513.jpg
お昼ご飯はmamaリクエストでムール貝!!
量が多いので一つ頼もうと思いましたが、分けられないそうなので、
私はもう一つのベルギーの名物(?)エビのクロケットを注文。
エビクリームコロッケみたいなものです(笑)
ここのムール、とってもおいしかった!
ぷりぷりだったし、砂もなく、最後までおいしくいただけました♪



■マルクト広場 Markt 市の中心となる広場(グランプラス)
f0105434_2210029.jpg
階段状のお屋根が並び、絵本の中に飛び込んだよう。
こういう絵(場面)をみるとベルギーだなぁって思いますね。
かわいくて、素敵☆



f0105434_22113929.jpg
川沿い、芝生には白鳥がいます。
巣なんかもあったりして、そこにちゃんと息づいているんです。
白鳥の親子が泳ぐ姿なんて、本当にかわいらしかった!
写真がうまく撮れず残念。。。



それから愛の湖近くにもカモの巣、カモの親子がいました。
網の敷居の反対側に赤ちゃんが行ってしまい、ママガモがオロオロ。
見てる観光客たちもハラハラ見守っています(笑)
網は赤ちゃんは通れるけど、ママガモは体が大きくて通れないのです。
最後には無事赤ちゃんガモもママの元へ戻り、ママも観光客も安堵の表情(笑)



自然の残るブルージュ、絵本のような建物。変わらぬ姿の愛の湖。
とっても素敵な街です。
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-02 22:00 | 旅行(le voyage)
mamaとのベルギー旅行!
ブリュッセルを拠点に、今日はアントワープへ!
天気がぐずぐずしていて、観光しずらかった。。。
でも、天気ばかりはどうしようもありません。



f0105434_2117166.jpg
アントワープへ到着。アントワープへはブリュッセルから40分。
バロック芸術、ダイヤモンド、ファッションが有名なアントワープ。




◆ノートルダム大聖堂◆
Onze-Lieve-Vrouwe kathedraal
f0105434_21181060.jpgf0105434_21183153.jpg
ネーデルラント地方最大のゴシック教会。
堂内には「キリスト降架」「キリスト磔刑図」「聖母被昇天」「キリスト復活」などがあります。
天井画もとっても美しいので見逃さないように☆
フランダースの犬で有名なルーベンスの絵画が多くあります。


f0105434_21231930.jpg
祭壇前から後ろを振り返るとパイプオルガンが。
私が通っていた中学校・高校はミッションスクールで毎朝礼拝がありました。
中高生で別れての礼拝ですが、高校はパイプオルガンのある礼拝堂で毎朝礼拝。
毎日のことで何とも思っていなかったけれど、
今思えば毎朝パイプオルガンの音で黙祷し、賛美歌が歌えることは、
なんとも贅沢な時間を過ごしていたのだろうと思います。
重厚で、安らかな音色が礼拝堂に響く音は、本当に素晴らしい。


f0105434_21291543.jpg
ちょっと離れたところから。
ノートルダム大聖堂の鐘楼。123mあります。



f0105434_21385726.jpg
市庁舎やギルドハウスのあるアントワープ中心にある広場。
ルネサンス様式の建築。



f0105434_21402242.jpg
お馬さんがカポカポ。
馬車で観光もできます☆



f0105434_21411577.jpg
アントワープ駅、正面。
駅横には動物園があります。
木で作った象のオブジェが連なっており、動物園方向を向いていました。
この作品前にも動物園前にも人がたくさん!
なにやらにぎわっておりましたよー。

[PR]
by rena-7007 | 2007-06-01 22:00 | 旅行(le voyage)

ぶいぃ〜ん

とバルセロナからパリへ帰国!!!

机の上にはまとめきれてないフェアの資料が山のように。
なだれ起こしそうな勢いで。
春で急に温度も上がってることだし、私の本と資料の山もそろそろなだれるかもな。
うひゃぁ。
やっつけなくちゃ。。。たまりすぎてる。。。

モチベーションはいい感じに上がってお勉強熱も上がってるから、今からまとめやれば結構進みそう、だけど…

とりあえず今日は寝よう!
すでに2時半過ぎだし。
うんうん。
そうしよう。
目覚ましかけずに寝よう。
一体何時に目覚めるかな。
[PR]
by rena-7007 | 2007-05-15 22:00 | 旅行(le voyage)

BMW Sauber F1 Team Pit Lane Park

f0105434_5154198.jpg
さて、バルセロナ2日目。
今日もまたバルセロナの夏を良く感じさせてくれる天気。



今回の旅の目的であったアートフェア"swab"に行く日。
今日がその最終日なので今日行かなくてはなりません。
ただ12p.m開始というこれまたヨーロッパ的な開始時間なので、その時間までまた散歩することに。
昨日は海の突き当たり、コロン塔から逆方向へ戻り、街散策をしたので今日は海沿いを散策してみることにしました。


すると…。


f0105434_516994.jpg
かわいーーーーーー!!!!!!
子供達がミニレーンを子供用の車で一生懸命走ってる!
よく見ると全てBMWですよ奥さん!!
親はやっすーい国産車で子供はBMWですか(笑)



そういえばここの手前にずらりとBMWの車が並んで説明員が立っていました。
おそらくBMWのプロモーションでもやっているのでしょう。
f0105434_5182183.jpg
これがそれ。
「あ?車が写ってないじゃん( ̄Д ̄;」
「お兄さんしか写ってないじゃん( ̄Д ̄;;」

ってつっこみはなしで。
だって、車もかっこ良かったけど、お兄さんの方に目を奪われて…
気付いたらシャッター切ってたんだもん。お兄さんにピントを合わせて(笑)

説明員のお兄さん達はみなべらぼう(死語)にかっこよかったですよ。。。
これは絶対面接でとってるな。と思わせるイケメンぞろい。
スラッとしたお兄さんや、がっちりしたおにいさんまで、
んもう思わず「この車ください。お兄さん付きで」って言っちゃいそうでしたよ。
あぶないあぶないε=( ̄。 ̄;)フゥ ...




さて、話を戻して、そのイベント会場(?)に入るためになにやら行列ができている。
なに×100?!?!?!
入り口を覗きに行ったらこんな看板が↓↓↓
f0105434_5163894.jpg
ぴっと、れーん、、ぱーくぅ?



よくわからないけど並んでみました(笑)
すると中からすごい爆音!!!
どうやらこの中には特設レーンがしかれているようで、実際にF1カーが走っている様子!
なに×100!見たい×100!!
まぁご存知の通りF1カーというものはマッハな早さなのでね、私が入った頃にはそのイベントは終わっちゃってましたけどΣ(´Д`lll)

f0105434_5202439.jpg
ちょうどこんなサイン会が行われていました。
この青年がレーンを走っていたんだと思われます。
この青年、いったいいくつなんだろう。。。
青年っていうか、まだ少年のようだったぞ。
かわいかったん(*´ω人) ウフ♪



ここはBMWの体験型パーク。
ファンはここで直にF1マシンに触れ、その迫力を楽しむことができるという画期的イベント!確か開催期間は三日間くらいだったかな?私はラッキーだったってことです。

中には様々な体験が出来るブースがあります。
例えばピットクルー体験!↓↓↓
f0105434_517309.jpg
2人1組につきメカニックの方が一人付き、タイヤ交換の仕方を教えてもらいます。
子供でも参加できますよ!安全には十分気をつけて☆
力が足りなかったりうまく出来ない時はパパやメカニックが助けてくれます♪
さぁ頑張ってタイヤ交換だ!

f0105434_5175050.jpg
そしてそれが終わったら2チームに別れてタイムトライアル!
1つのタイヤ:ゲスト2人+メカニック計三人
このブースには2つF1カーが置かれており、2チームでタイムを競います。
タイヤを交換できたら赤いシャツのお兄さんのように元気よく手をあげ、
1チーム4組全員の手が挙がった時点でタイムが決まります。
早く交換できたチームの勝ち!!!!


子供は交換時は必死です。パパは横でもどかしそうにそわそわしてます(笑)
そりゃパパさん達もやりたいでしょうねぇ(笑)私もやりたかったですもんw
すごく大盛り上がりのブースでした。




さて、F1カーの走る姿は見られませんでしたがバイクショーを見ました。
ちょうどイベントタイムがやってきて、ショーの始まり。
f0105434_5215127.jpg

これがまた観客がハラハラのバイクショー。
バイクの上にたったり、写真の様にクルクル回ったり、
後ろ向きに乗ったり、ハンドルの前に体をもってきて走ったり、
状態を倒して手をつきながら走ったり、バク転してバイクから降りたり。
これもすごい歓声と拍手の嵐。息をのむ声まで聞こえてきそうでした。

f0105434_5205542.jpg
これが使われたバイク☆




このイベント、すっごく楽しかったですよ。友達がいたら数倍楽しめただろうな。
私もタイヤ交換したりしたかった!
他にも色んなアトラクションがあって、やりたいものいっぱいあった!

あ、そうそう、ここにF1カー+綺麗なお姉さん2人と写真を撮って、その場で印刷・プレゼントしてもらえるブースがあったんです。
撮ってもらってる男性陣の顏がデレデレになっていたのが忘れられません(笑)
子供連れのパパも鼻の下を伸ばして「超」ご満悦顔(笑)
後でママに怒られてなきゃいいけど( ´艸`)ムププ

何はともあれ、F1を良く知らない私でも楽しめたパークでした☆☆☆




f0105434_5191818.jpg

f0105434_5195217.jpg
ブース横では別に特設障害道路が出来ており、車のトレーニングをしてました。
1台に一人のBMWインストラクター(ドライバー)がつき、3人のゲストを乗せて、様々な障害を乗り越えて運転して行きます。
これ、ただのアトラクションではなく、例えば山道でタイヤがはまったら、タイヤがぬかるみにはまったら、急な坂では、など、様々なシチュエーションで作られており、インストラクターがこんな時どう運転すれば良いのかを細かく説明してくれるのです。

外で見てる方は、車がひっくり返っちゃうんじゃないかって感じでこれまたドキドキでした^^;
それにしてもインストラクターさん方の運転技術には感服。
素晴らしかったです。拍手!!!
あぁ、この車も、友達と一緒なら体験乗車させてもらったのになぁ。。。
[PR]
by rena-7007 | 2007-05-13 22:00 | 旅行(le voyage)

紅の豚

コロン塔を眺め、その奥でやっていた蚤の市(?)をひやかし、その先のマリーナを眺め。
太陽を感じながらバルセロナにいるんだとしみじみ思っちゃいました。
3月にうちに滞在していたmayaがバルセロナへ行き、パリで再会したのだけど、誰?ってか何人?!と目を疑うようになっていたのにも納得がいく。
こ、この日差しは、灼けそうだ。。。


ホテル方向へ引き返し、お得意の自ら迷子をして教会を見つけたり、スペインならではの細い路地にワクワクしてみたり。
これからのバルセロナに期待を抱かせる街。いいな、バルセロナ。
パリとは違った活気がある。活気というか、勢いみたいなもの。
これがラテンの国と言われる所以でしょうか。



さて、貧乏学生なのでホテルは基本ユースです。
周りも若い子が殆どです。そして、夜バルセロナのホテルロビーにいたら挨拶の後に「どっから来たの〜?」と話しかけられました。
ユースホステルではこういうことは日常茶飯事。
すれ違いざまにもよく挨拶を交わします。話をしたりします。

そのイタリア人、ちょっとフランス語が喋れるんですね。
私はイタリア語はわからないので話の途中に英語が混ざったり、途中から英語になってたけど一生懸命フランス語で喋ってくれました(笑)

これからパスタ作って友達と食べるよ〜、一緒に食べる?と誘ってくれたのですがすでに10時。私は既に夕食済み。丁重にお断りさせてもらいました。

すると「んじゃ、夜みんなで飲みに行くから一緒においでよ!」と誘い。
夜、バーに一緒になって飲みに行ってきました☆
とてもカジュアルでおしゃれで仕掛けがあったり、面白く素敵なバー。
街の中のバーはどこもすごく盛り上がっていたのでいいな、楽しそうだな、と思っていたrenaにとってラッキーなお誘いでした。
女一人旅で夜一人でバーに行く勇気はやっぱり持てません。
いや、行くのはいいけど、やっぱり怖いですからね。

スペイン人だと思っていた女の子はなんとフランス人とのハーフでフランス語が喋れる!わぁよかったぁ♪ずっと英語で渡り合って行くのかと思ったら頭が痛くなっちゃうところだった≧(´▽`)≦アハハハ



そして最初に登場したイタリア人の男の子は大道芸人!!!
「じゃぁrenaの彼氏を作ってあげるよ」と作ってくれた。
バーは暗すぎて撮れなかったので帰ってわざわざ撮影してみたよ。



できあがったのがコレ↓
f0105434_6543669.jpg




・・・・・・。

私の彼って、ブタさんだったんだ。

でもピンクじゃないよ(・ω・`)?

[PR]
by rena-7007 | 2007-05-12 22:02 | 旅行(le voyage)

バルセロナの街。

f0105434_5215011.jpg


バルセロナではメインストリートとも言える「ランブラス通り」というころから一本入ったところに泊まっていたので、夕方到着後海方面へ散策にでてみました。
もう夕方だっていうのに。


あっつい。



ランブラス通りではたくさんの大道芸人がショーをしていました。
そしてすごい人。
でも盛り上がっていて、賑やかでいいわ♪


f0105434_5575019.jpg
そしてメイン通りの終点、海の手前にある、スペインでは「コロン」という名で親しまれているコロンブスさんの塔まで到着!


ちゃんとコロンさん、指差してますね!
少年よ、大志を抱け!(違)
コロンブスと言えばアメリカですね。
f0105434_605921.jpg
びしぃぃっ!!!



おぉ。
かっちょよいではないか。
でもね。
へんよね。


でもこのおっさん。。。。
すごい堂々と指差してるけど。。。



その方向は明らかにアメリカ大陸の方向じゃない。



もにゅっ(・ω・ )?


もにゅいなぁ。この塔。
うん、もにゅいよ(´・ω・`)
でもね、なんか、好き(笑)
なんてことはない細い塔なんだけどね。



ちなみにコロン塔は登れます!

え?カリン塔じゃないですよ!(ドラゴンボール参照)
登ってもカリン様もいなけりゃ仙豆もありません。
でもカリン塔と違ってコロン塔は下から上までエレベーターでいけるようです。
よかったですね(笑)

私も登ろうと思って3日目に行ったら「今エレベーター故障中で登れないんです(´・ω・`)」と言われてしまった…orz
是非登った人の感想を聞きたいです。

あの、本当に仙豆なかったですか?
下のグッズ売り場には売ってなかったんです(・ω・`)(ぇ



さて、その麓では若者が太鼓叩いて踊ってる。歌ってる。騒いでる。
f0105434_64174.jpg


動画はこちら。
↓↓↓


輪になって、中心にはリズムの指揮官となる男の子が一人。
こんな感じから次第に周りを巻き込んで間の手を入れたり。
熱い若者達でした。



カリン塔コロン塔の↓にはライオンが雄々しく立っています。
f0105434_651784.jpg
なんか、サングラスのお姉さん、ラテンの香りプンプンですね(笑)

[PR]
by rena-7007 | 2007-05-12 22:01 | 旅行(le voyage)

アムステルダム散策。

f0105434_4591635.jpg
運河の街、アムステルダム。
2日目、雨に降られて大変だった。風が強くて傘の意味なし。

しかも!

ホテルから濡れながら3km歩いて(迷ったからもっと歩いたかも)近代美術館に行ったら・・・





『改装中』






がーーーーーーーーんΣ(´Д`;)

マジ号泣ものでした。。。中央駅近くに移動してました。
これ程裏切られたような気持ちになったのは久しぶりです。
やる気をそぎ落とされたのは久しぶりです。






せっかく街の外れまで来たからすぐ中央駅(美術館)には向かわず、私の好きな「自ら迷子☆」
素敵なスペースやチャペルに出会ったり、素敵なギャラリーデザインショップを見つけて得した気分♪
本格的に迷って「大丈夫( ̄ω ̄;)?!?!」ってなったけど「ま、いっか。」
と目を上げると窓辺に猫が!



f0105434_531073.jpg
きゅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜〜〜ん(>_<)♡♡♡


うちの愛猫に似ていることもあってか、冷たい体にあったかい気持ちがなだれ込んできました。
「かわいい!」を通り越して切なくなっちゃった。。。
このガラスがもどかしい。(´; ω ;`)
手を伸ばせば届きそうなのに届かない。
触れたくてたまらないのに触れられない。
抱きしめたいのに抱きしめられない。
そこに確かに存在しているのに。
あぁ、skypeで時折感じるもどかしさに似てるわ。

写真、帰ってみてみたら愛しい気持ちが強かったのか、なかなかいい写真が撮れていました。お気に入りです☆



その後も散々迷いながら現代美術館へ。
なかなかよい作品が多くて楽しめました☆よかった!
ただね。
あのね。
renaね。
疲れてたみたいなの。

そりゃね。
雨の中ね。
吹雪かれながら何キロも歩いてたら。
疲れるよね。

でね。
ビル・ヴィオラの作品を暗い部屋で見てたの。
ほら、彼の作品、時間が長かったりするでしょ?

でね。
ちょっと。
ちょっぴりだけだよ?
いっぱいじゃないよ?
ほんのちょっぴりね。

うたたねしちゃったぁー(〃´・ω・`)ゞ
[PR]
by rena-7007 | 2007-05-11 22:01 | 旅行(le voyage)