私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

戦争。

バカンスでノルマンディーに行く予定があります。
そのために、ここ最近ずっと第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦について勉強しています。
といってもプライベートライアンとか見てるだけなんですが≧(´▽`)≦アハハハ

もっと背景がわかるのはバンド・オブ・ブラザース(Band of Brothers)という、スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスによって製作されたノンフィクションのテレビドラマ。
全10話。すでに2ターン見終わりました。。。


今日この話からフランス人と討論になりました。
ってか、もう最後はケンカ状態です。
ヤツはアメリカが嫌いだからってのもあるのか全否定。
戦争映画も「もう終わった事」って全否定。
ノルマンディーにその舞台を見に行く事も「見に行って一体何があるの?何の意味もないよ」と全否定。
Band of Brothersは見た事もないのに「こんなの何も面白くない最低の映画だ」と全否定。
平和記念館(?)に行く事も「見てなんになるの?」と全否定。

私は歴史に弱いけど「知る」ことはとても意義ある事だと思う。
ちゃんと背景を聞くと面白いと思うし、よい事にしろ悪い事にしろその歴史があって今があるのだから「済んだ事」で過去を無視するのは賢くないと思っている。
その地に行くのも素晴らしい事だと思う。
自分の目で見て、感じる事はとても大切だと思う。
こういう事に限らず遺跡にしろ絵画にしろ、見て肌で感じなければ得られないものは必ずある。
それを会話中常に薄ら笑いを浮かべて「なんもわかってないおこちゃま」扱いされると腹が立つ。


自分の意見が相手と食い違った時、意見は対立する。それはいい。
そう言う考えもあるのかと、視野を広げるチャンスともいえる。
だけど、ヤツの場合は人の意見に耳を傾ける事がない。
自分の意見が唯一であり、相手の意見を受け入れる事がない。
理解までは得られなくても、受け入れるくらいはしろ!
自分に都合の悪い話でも最後までこっちの話を聞け!


ノルマンディーのその歴史跡をたどるのに、事前に時代背景、歴史を知る事は私は良いと思ってドラマを楽しく見ていた。
逆に何も知らないで行っても「ふーん。」で終わってしまう。
知っていればいつ何がどうなってここでどんなことがあったかがわかる。
なのに「そのためにこんなの見てるの?」って(┬┬ω┬┬)
ドラマとしてもかなり完成度の高い作品なのにな。。。
見た事があってつまんなかったって言うのはわかるけど、見た事もないのにこれが悪い作品である事を決めつけ、それを私にまで強要してくるのはやめて欲しい。

久しぶりに討論言い合いになってフランス語力が落ちてる事を否が応にも実感させられました。
フランス人は皆口から生まれてきてるような人種だから私が平等に渡り歩くのは至難の業。
意見がおかしくて矛盾してばかりのヤツのこと。
日本語だったらヤツを言い負かすくらいなんて事ないのに、歴史について討論なんて、無理。。。

ヤツと自分にムカつくー!

ほんやくこんにゃくが欲しい。
みなさん、人の話は最後まで聞きましょう。




ある方からのコメントです。


**************************************

そーゆーやつがいるから、ドイツに占領されるんだよ。情けねぇ国民だ。
アメリカとイギリスの手を借りて、ようやく国土を回復してもらったのに。
フランスからドイツを追い出すために、多数のアメリカ人が死んでるんだ。
その1点だけでも、フランス全国民はアメリカに対して感謝すべきなんだよ。
好き、嫌いはあったとしても、根底に感謝の心を持たなければならないんだよ。

オレもアメリカがあまり好きじゃない。
政策、考え方、絶対強者的態度、世界の中心と自負する所。
でも、彼らは焼け野原の東京復興に、野心があったけども、貢献してくれた。
だから、感謝の心を忘れた事はないよ。

人間と他の動物との決定的な違いは、過去を知り、その過去を感謝する心を持っている事だよ。
彼は我が儘のお子ちゃま。人間として成熟できてない、動物でしかないんですね。

大丈夫、あなたは間違ってない。


動物は、子孫を残すことでしか自分の生きた証を残せない。
でも、人間だけが歴史を持っているので、子孫以外にも生きた証が残せるんだ。
だから我々は子孫でなくても、偉大な過去の異人を知っているし、過去に行われた悲劇も知っている。

「ペンは剣より強し」
これは歴史があるから成り立つんだ。
1940年、当時、ナチスドイツに剣で挑み勝つ手段は誰も持っていなかった。
4年後まで待たなければ。
ところが現代に生きる我々は、彼らの悪行を知ることができるし、糾弾することができる。
剣は3次元のみの存在でしかないが、ペンは過去を斬れる、4次元の存在なんだよ。

だから歴史を知るということは、人類全体の生きた証を知ることであり、他の動物にはできない、人類として誇り高き行為なんだ。
だから人は歴史を学び、その地に訪れたいと思うんだよ。(一部変更)

**************************************
[PR]
by rena-7007 | 2007-08-04 22:00 | 事件、出来事(l'événement)