私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はぁ。

本日20時、mamaが日本へと帰国していきました。
長いと思っていたフランス滞在も振り返ればあっという間に終了。
合宿のようなノリで毎日色んなことを話し、楽しかったなぁ。
こんなに四六時中一緒にいたのは私が赤ちゃんの時以来だと思う。

mamaも飛行場へ向かう電車の中で「全然帰る気がしない…」と言っていて、私も全く実感がなく。
でも帰ってきてこの部屋に一人でいると少しずつ実感してきた。
話し声はなく、話す相手もいず。
明るい音楽だけがスピーカーからが流れ続けてるけど。
昨日までBGMだったのに、今は空気を司るメインの空っぽ音楽。

あ〜ぁ、寂しいなぁ。。。


明日起きても「おはよう☆」と呼びかけてくれる声はないし。
カフェオレやサラダやパンはテーブルにならんでない。(それかい)


実はmama、虫に刺されてベルギーからパリに戻ってきて病院に駆け込まなくてはならない事態になり、ベルギーからパリに帰ったらやろうと思っていたことができなくなってしまった。
病院で不安そうにしていたmamaを見ていたら悲しくて泣けてきた。
そりゃそうだ。原因不明の発疹。mamaは見知らぬ病院で意味のわからないフランス語に囲まれているのだから当たり前。
通常予約を取らないと診てもらえないフランスの病院。
予約を取る余裕はないので大きな総合病院のSOSの方へ行き診てもらった。
(目指す病棟探すのに敷地内で迷子になったし凹)

診てもらう前の受付問診(?)でお医者さんに症状などを説明している時mamaうるうるしてたみたいだし。。。
それを見てお医者さんが「大丈夫だよ、そんなにたいしたことないからね、心配しないで」と声をかけてくれたけど、日本語で直接伝えられるのと、私が通訳して伝えるのでは受け取る安心感はいかほど違うのだろう。


mamaはその後、気丈に振る舞い元気そうにしてくれていたけど、体がつらいことが分かっている分、余計にこっちが泣きそうになってしまったり。
結局それからは遊びに飛び回ることなんて出来なかった。

こんなことになって、mamaが本当にパリを楽しんでくれたのかと今更ながらとっても不安だ。
かといって「mama楽しかった?(´・ω・`)」って聞いたら100%
「楽しかったよ!!!(^-^)」って返ってくるだろうし。
楽しいことだけを持って帰ってほしかったのにな。
日本に帰ってストレスでぶったおれなきゃいいんだけど。


なんか日本に一時帰国してて、パリに帰ってきた日みたい。
すぐ側に大切な家族がいて、愛する彼がいて、大事な友達や仲間がいた日々、パリに帰ってくるとひとりぼっちな気持ちになる。
しばらくすると普通に戻るんだけどもさ。



あぁ、すぐ予定が入ってるくせにきちんと準備してないΣ(´Д`lll)
=あまり浸っている余裕が私にはないので、明日から動かないと↓
早く夏休みにならないかなぁ。
あ。7月、誰か遊んで下さい(笑)


とにかくはこの特別な2週間に心から感謝。
本当に、本当にありがとう☆
[PR]
by rena-7007 | 2007-06-07 22:00 | 事件、出来事(l'événement)