私的パリ生活について。徒然日記☆


by rena-7007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TITRE DE SÉJOUR

今日は滞在許可証を受け取りに行って参りました。
1/18日にてんぱった状態で降りたのは仮滞在許可証。その時の記事
やっと本許可証を入手できる日です。

場所は今までciteの警察庁だったのに今回はなぜかcrimee.
citeなら近いのにcrimeeまでいくのが面倒だった。
ってゆーか。




駅からとーーーーすぎぃーーー(*`ε´*)ノ_彡☆バンバン!!




住所はぎりぎりパリ市内って事でなんか道も分かりづらいし、歩いても×2つかないし、本当にこっちで合ってるのだろうか。
と、かなり不安になった凹


中では、受け取りできるまで待っている間に横に座った変なパキスタン人につかまってずーっとお喋りに付き合わされるし。
何やら彼の兄だか弟だかの奥さんが日本人らしくて、少し日本語が喋れる。
私が日本人だと知ってここぞとばかり日本語で自己紹介してくる。
フランス語はそこまで分からないらしく、最初は日本語で頑張っていたものの、限界を感じたのか英語の文章にフランス語と日本語を交ぜて喋ってきた。
基本は英語で動詞や簡単な名詞だけフランス語にしてみたり。


「ならいっそ全部英語の方がわかりやすいんですけど!」


そのうちお決まりの
「コイビトイマスカ?」(そぉらきた。)
「日本にいるよ。」
「アァ、ジャァコッチニハイナインダネ!」
フランス人もよくこう言うけど、これっておかしい解答だよね。
離れていたら彼らは問題ないのだろうか。ったく。

「ワタシニホンゴシャベリタイ!」(しゃべってんじゃん)
「うん、頑張って勉強してね」
「アナタトマタ会ッテ、私ニホンゴシャベル!アナタトイッショニベンキョウスル!」
「は?やだ。」
って、な〜んであなたの日本語勉強を私が一緒にしなくちゃなんないのよ。私はしゃべれるっつーの。教えたくもないっす。

「ニホンジンステキネ!アナタ女ノ子ショウカイスル♪」(またか)
「は?やだ。」
ずーずーしーったらありゃしない。
あんたに紹介するような友達はおりません。

「ボク、コイビトデモイイネ!」(・・・。)
「はぁ?何いってんの?ありえないっす。」
なーんでこう外国人ってのは自信満々なんでしょうかね。



ぐだぐだと彼のお喋りに付き合わされてぐったりなところに名前が呼ばれた。
もう思わず呼んでくれてありがとう!と感謝したくなった。

喋っているときは(彼が一方的に喋ってたけど)営業スマイルだったけど「呼ばれたから、じゃ(・ω・ )ノシ」の笑顔は本物だったw



変なことで疲れたけど、なんと滞在許可証の期限が「9月30日」までだったので思わずガッツポーズしたくなった。
5月までしか出ないと予想していたから、帰国までの数ヶ月どうしたものか、国外に出られないのは痛い…早めに申請してもう一回しなくちゃダメか…と思っていた。
これで帰国まで滞在許可証の更新はせずに済みます☆

これで1つ、年2回頭を悩ませる手続き事が終了。
いやぁ〜よかったよかった!!!
本当によかった(≧ω≦)b
[PR]
by rena-7007 | 2007-03-07 22:00 | 事件、出来事(l'événement)